お葬式のときに

お葬式のときに身に着ける石のブレスレット、それが念珠です。
念珠とは何のためにあるものなのかご存知でしょうか?
お葬式のときに念珠を身に着けて、お坊さんがお経を唱えるときに持っておくというイメージがあると思いますが、本来の意味合いなど、あまり分からないという方も多いと思います。

念珠というのは、そもそもはお坊さんがお経を唱えるときに、お経の回数を数えるために使用されるものなんです。
数を念じる、ということから数珠と言われることも多いですよね。

念珠の石の数は実は決まっていて、どのブレスレットも108個の石からできているんです。
この108という数字は仏教では人間の煩悩の数と知られていますよね。
その石を1つ1つ数えていくことによってお坊さんがお経を唱えるときに使用しているんです。

しかし念珠のブレスレットの役割はそれだけではありません。
お守りや厄除け、さらに最近ではアクセサリーとしてファッションアイテムに使われることも多くなりました。
そんな奥深い念珠のブレスレットについてこのサイトでは紹介していきたいと思います。

日本に住んでいる人は仏教徒が多いと思いますから、ぜひこの機会に念珠について知っておいてみてはいかがでしょうか?
宗教的な意味合いを求めすぎずに、お守り感覚、アクセサリー感覚で身に着けることが出来るんと思いますよ。

オススメ情報

最近ではデザイン性も充実している腕輪念珠をアナタも身につけよう|安田念珠店
品質のいい念珠なら|安田念珠店

calendar

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031